世界が注目する冷間鍛造技術がここにある。

マツダ株式会社は創業以来、冷間圧造技術を駆使し、あらゆる分野に高精度で安価なねじ・部品を提供し続けてきました。
近年は技術革新が進み、ハードウェアも大きな発展を遂げ、ニアネットシェイプをテーマにまさにミクロン単位の精度を要求されるまでに至っています。弊社はこの様なニーズに応え、高度な圧造技術を駆使することによる優れた製品づくりにチャレンジしていきます。
また、他の製造業では見られない活動を通して、創造性にあふれた企業・人財創りを行っていきます。

当社の特徴

  • 金型設計製作、
    試作、量産までの
    一貫生産
  • ロット500個からの
    冷間鍛造に対応
  • 切削・焼結からの
    工法転換技術
  • 異形状・薄肉など
    難加工形状の
    冷間鍛造に対応
もっと詳しく

技術事例

もっと詳しく

新たなR&D拠点

医療用部品の金型開発や、
チタン素材の探求など、新しい技術を開発します

マツダ株式会社では、2018年にさらなるR&D領域における自社技術の強化に向けて、兵庫県三田市に研究所を設立します。同研究所では冷間鍛造の全工程である金型開発・試作・量産に関する要素研究から、当社独自の異形状品成形に向けた技術開発を行います。
冷間鍛造分野において、No.1の技術を持つサプライヤーとなる為の研究開発 兼 量産工場を担う研究所となります。

もっと詳しく

自由な発想を生むための、
クリエイティブスペース。

マツダ株式会社では、“愚足庵”という自由な発想を生むためのクリエイティブスペースを設けています。これまでの“製造業の事業所”は、“モノをつくる場所”という印象を強く与える、省スペース化・合理化された建物が一般的でした。しかし、モノを作る“人”を大切にし、社員一人ひとりが未来を描ける企業を目指すマツダ株式会社では、そのような事業所ではなく、社員がリラックスして働けるようなスペースを設けました。
今後は、社員一人ひとりの自由な発想を促し、既存の“製造業”という枠組みにとらわれない、未来の製造業の“カタチ”を作り上げて行く会社にしていきたいと考えています。

ORIGINAL CONTENTS

マツダ株式会社では、自社製品 “メタロック”の開発やコマ大戦への出場、若いメンバーが中心となった「PASSION FACTORY LIVE」というライブイベント開催など、他の製造業の企業では見られない、さまざまな取り組みを行っています。
今後も、さまざまな取り組みを通して、製造業の枠組みに捉われない、新たな“ものづくり企業”のカタチを創造していきます。

もっと詳しく

採用情報

マツダ株式会社では、社員一人ひとりの夢や目標を大切にする企業創りを目指しています。新たに入社をされる方には、入社後すぐに“夢”や“目標”を考える時間を与え、個人ビジョンの設定、自身が働くことの目的の明確化を行うことで、仕事を通して成長が出来る環境づくりを行っています。
採用情報では、そんな当社で働く社員の入社経緯・働きがいなどを紹介しています。共感いただける方と共に働ければと思います!

もっと詳しく